講演・セミナーのご案内

間力や個性を発揮し、いきいきとした社会を実現するには、人々が元気に、ポジティブになることが必要です。

 エスケイケイでは、ストレス自己管理やコミュニケート能力など、社会生活を送る上で誰もが悩みがちなテーマのほか、教職員・保護者、人事担当者など対象を絞り込んだテーマでもわかりやすい講演を行なっています。自らを振り返るきっかけづくりや、新たな自分探し、心の充電をお手伝いします。

参加費無料

企業・人事関係

学校・教育関係

メンタルヘルスケア サポートセミナー

テーマ1

本当にAI頼りでいいんですか?

自律でき ストレス耐性のある人財を育てる

~これからは 強いリーダーシップよりキャプテンシーが求められる~

講師
麓 聡一郎 NPO法人メンタルぷらす協会Reforest理事長/株式会社エスケイケイ代表

ストレスによる心的葛藤が煩わしく、困難に向き合おうとしないストレス耐性の乏しい人財が増えました。ストレスに対しては、ある程度、我慢する必要がありますが、それ以上に、ストレスをどう受け止めて対処するかを【自分で考え】、【自分で決定】して行動するという【自律心】がより重要となります。AIは危機対策や安全管理などには非常に有用なものの、AIばかりに頼っていては自律心が育ちません。自律でき、ストレス耐性の強い人財を育てるために、強いリーダーシップで動機づけるよりも、キャプテンシー豊かな指導の在り方をお話しします。

テーマ2

適性検査・統計データからみたシン行動公式

外探世代 イマドキの若者たちの動機づけのコツ

講師
麓 聡一郎 NPO法人メンタルぷらす協会Reforest理事長/株式会社エスケイケイ代表

SNSの普及によるコミュニケーションの手法の変化や、簡単に情報収集ができるようになった現代を過ごす中で、若者たちの自意識や行動特性も変わってきているようです。正解を導き出すために、自分で思考し葛藤を繰り返すのではなく、正解を自分の外に探そうとする「外探的タイプ」の若者が増えました。外向的でも内向的でもないイマドキの「外探的タイプ」を動機づけるためには、指導者のアップデートが必要です。本セミナーでは、協賛エスケイケイの臨床データを用いて、若者のシン行動公式を解説し、効果的なアプローチの方法を紹介します。

「友達ができない」「学校に来れなくなった」「仲直りができない」。対人関係に関するトラブルに頭を抱える子ども達が増えています。そういったトラブルが学校ではなくSNSの中で発生していて、アプローチに悩む先生方も多いのではないでしょうか。プライベートと学校生活の狭間にあるSNSの存在は、子ども達にどのような影響を与えているのでしょうか。本セミナーでは子ども達のSNSとの関わり方についてデータを用いてご紹介します。その上で、人間関係に関する社会的スキルを磨くために必要な接し方やサポート方法をお話しします。

  • 2024/07/31
    11:00~12:30

    講師:杉野純一ウインクあいち 小ホール2会場を地図で見る

    ○空席有

    申込

  • 2024/08/22
    14:00~15:30

    講師:藤堂敬基Zoomによるライブ配信

    ○空席有

    申込

テーマ4

イマドキ世代の子どもたちの人間力を育む 効果的な関わり方

~愛着障害にフォーカスした特別編~

講師
藤本 丞 NPO法人メンタルぷらす協会Reforest理事/株式会社エスケイケイ ヒューマンリソースアドバイザー

最近子どもへの接し方が難しくなったと感じることはありませんか?イマドキの子どもたちの傾向を協賛のエスケイケイが所有するデータをもとにご紹介しながら、人間力を育むための、効果的な関わり方のコツをわかりやすくお伝えします。今回はトピックとして、教育現場でも話題にあがる愛着障害を盛り込んだ特別編となります。愛着障害の基本のおさらいや、愛着障害に限った関わり方のヒントについてもご紹介いたします。

少子化にも関わらず年々不登校の数は増えており、ここ数年、毎年過去最高を記録しています。コロナ禍を過ごしてきた児童・生徒の取り巻く環境が不安定ということも一つの要因ではありますが、一概に不登校といっても、内に抱える問題は様々で、対応も千差万別です。今回は、国や協賛のエスケイケイ独自のデータから、不登校児童・生徒が持つ特性や時代の中で不登校のタイプがどのように変わってきたかをご紹介するとともに、不登校を少しでも減らすために、学校現場ですぐにでも実践できるサポートについて、お伝えいたします。

  • 2024/08/07
    10:00~11:30

    Zoomによるライブ配信

    ○空席有

    申込

リストカットをはじめとする自傷行為のほとんどは10代から20代を中心とした若い世代で起こっています。自傷行為は何度も繰り返す子が多く「周囲の関心を引きたいがための行為では」と思われやすいですが、放っておくと命を落としかねない、何より誰かの助け・ケアが必要な状態です。しかし、自傷行為を知った周囲が困惑し、心配のあまり誤った対応をすることで、当人との信頼関係が崩れてしまう例も少なくありません。誤解や偏見が生じないように自傷行為の概念から、そうせざるを得ない心理、保護者や教員・カウンセラーなど周囲の対応の基本、その後のケアについてお伝えします。

  • 2024/08/22
    10:00~11:00

    Zoomによるライブ配信

    ○空席有

    申込

テーマ7

「ココロの状態」把握ツールを活用した

「自己」分析講座

メンタルヘルス&持ち味、人づきあいの構えをつかむ

講師
藤堂 敬基 株式会社エスケイケイ ヒューマンリソースアドバイザー

「私は先生に向いているのだろうか」「職員室での人間関係がうまくいかない」「もっと自分らしく生徒と関係を築きたい」教員生活を送る中で、ご自身と向き合う時間はとれていますか?どんな悩みと向き合うにも、まずは現在のココロの状態を知ることが大切です。この講演では、学校や企業で活用されている協賛エスケイケイの適性検査(約45分)や、質問に回答する自己診断を通して、複数の視点から自分を見つめ直す「自己分析」のお手伝いをします。自身の意外な可能性やストレスサインに気づき、自分と上手くつき合い伸ばしていくためのヒントを提供します。
※検査開始後のご入室はお断りいたしますので、あらかじめご了承ください。

【自己理解・自己分析】。社会人生活を送る中で、仕事に追われ、疲れ、自分自身を見失いそうになるときもあるのではないでしょうか。本講座では、複数の視点から自己の状態を知り、ココロの健康管理や職場でのコミュニケーションを考える上でのヒントを提供します。また、講座内では「人間関係」「性格タイプ」「リーダータイプ」に関するアンケートをご用意しております。実際に【アンケートに回答】しながら、自己の意外な可能性に気づく「ジブン再発見」のお手伝いをします。
※[自己分析講座]の簡易WEBバージョンです。

  • 2024/08/07
    14:00~15:30

    Zoomによるライブ配信

    ○空席有

    申込

  • 2024/08/23
    10:00~11:30

    Zoomによるライブ配信

    ○空席有

    申込

開催期間 2024年7月25日(木)~2024年8月23日(金)
主催 NPO法人メンタルぷらす協会Reforest
後援 東京都、神奈川県、埼玉県、さいたま市、愛知県、
名古屋市、豊橋市、岐阜県、三重県、浜松市、
大阪府、大阪市、広島県、広島市、沖縄県
(全て教育委員会)
連絡先 NPO法人メンタルぷらす協会Reforest 事務局
TEL 052-202-5062

年別アーカイブ

カテゴリ別

  • 講演・セミナー 講師紹介